デザイン・印刷・看板・Web作成

喪中はがきを出すタイミングは?

喪中はがきを出すタイミングは?

WC136-[更新済み]

つい先日までの暑さも過ぎて、朝晩は寒いくらいですね。
この季節になると僕たちは年賀状や喪中はがきを思いだしてしまいます。

ところで、喪中はがきはいつまでに出したらよいのか知っていますか?年賀状よりは少し早めに出す感じではありますが・・・

「喪中はがき」は年賀状の欠礼の挨拶状です。
一般的には相手方が年賀状の準備にとりかかる前の
11月中旬から遅くとも12月初旬には届くように出すのが良いでしょう。

本来は年内(年賀の挨拶を行う新年の前)に届けば問題ありませんが、現在では喪中はがきをいただいた方は年賀状を送らないというのが礼儀となっているため早めに送るのが一般的です。

また、喪中はがきをもらった場合は相手に年賀状を出すのは控えるのですが、相手に自分の近況を伝えた挨拶状を出したいという場合は、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」を送るのがよいでしょう。



価格などの詳細情報はコチラ↓↓
2016年賀状?



《ブログTOPへ》?



a:315 t:1 y:0

コメント


認証コード2245

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional